記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

活き餌 グリンダルワーム

ピグミーサンフィッシュを飼っているTwitterの方からグリンダルワームを譲っていただいて少し日が立ちました。口が小さく、餌を選り好みするピグミーサンフィッシュに安定供給できる活き餌がどうしても欲しかったので本当に感謝しています。20cmキューブにてミジンコを管理していましたが他に生体を入れたくなるのも正直なところでした。(現にオケフェノキー水槽になっている)活き餌は管理がネックです。しかし、グリンダルワーム...

続きを読む

Elassoma gilberti 繁殖日記2

ヨークサックがなくなったようなので餌を投入する。ブラインが食えるサイズになるまではゾウリムシを培養して与えていくことにする。培養については豆乳やPSBなど色々情報があるがエビオス錠(ビール酵母)がより確実に増えた。環境により結果は異なると思われるが、1.5Lもしくは2Lペットボトルに一錠でよいのであれこれ試行錯誤するよりも購入してしまう方が手っ取り早いと感じる。枯草菌もゾウリムシの餌としてよいようなので枯葉...

続きを読む

Elassoma gilberti 繁殖日記1

ピグミーサンフィッシュ ギルバーティ水槽をじっくり眺めていると、何かが動くのを発見。ケンミジンコでも沸いてるのかなと思いスポイトを突っ込むと、壁面に張り付く稚魚を発見。導入は5/22のことだったのであまりに早い繁殖に驚きを隠せなかった。本来ピグミーサンフィッシュの稚魚は孵化した時点ではまだ目ができていない。かなり未熟な状態で生まれてくるようだ。しかし、発見時点で既に目はできているため、産卵は3〜4日ほど...

続きを読む

Elassoma gilberti 導入

実物を見たことがない種であったので興奮度は段違い。在庫確認の際に聞いた値段と大幅にズレがあり、想定よりも安く迎えることができた。突然のことだったのでエバーグラディの水槽に入ってもらうのだが雄の気性が荒く、エバーグラディに被害が及ぶため急遽余った水槽を立ち上げることになった。後から分かるのだが繁殖期であったようである。未発色時はこのような感じ、それでも美しい。初のスポンジフィルターによる立ち上げ。あ...

続きを読む

はじめに

もへまるです。普段はTwitterで活動していますが記録媒体としては有効ではないため、当ブログでは少しでも有用な情報を残すことが目的となります。中学生時代にやめてしまった熱帯魚飼育を再開して1年が経過しました。その中で流通量が少ない魚を飼育するようになり個人間での繋がりの必要性をまざまざと感じています。その為にも、言葉を尽くし1つの経験として形を残していくことがコミュニティ形成において大事な要素になると考...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。